カテゴリー別アーカイブ: 作並系

平賀謙次郎

〔人物〕 大正7年11月17日、宮城県作並の木地業平賀謙蔵の二男に生まれる。 多蔵は長兄である。昭和5年3月より父謙蔵について木地の修業を始める。翌昭和6年尋常小学校を卒業後、本格的に木地業に取り組む。兄弟弟子に兄の多蔵… 続きを読む

平賀謙蔵

〔人物〕 明治20年9月10日、平賀太五郎・ウタの長男に生まれる。父太五郎は岩手県稗貫郡湯口村根子の出身、文献によって太五郎を多五郎とするものがあるが、戸籍上は太五郎であり万延元年9月12日生まれ、その父は平賀徳助、母は… 続きを読む

鈴木明

〔人物〕   昭和35年7月20日、鈴木昭二の三男として仙台市に生まれる。 昭和54年4月より父について木地修行、昭和63年に玩愚庵の三代目代表となる。 祖父の鈴木清がもともと昭和12年頃に仙台市日の出丁の桜井玩具店を継… 続きを読む

平賀輝幸

〔人物〕  昭和47年3月1日、こけし工人平賀謙一の長男として宮城県作並に生まれる。 昭和62年ころからロクロに向かっていたが、正式な修業は高校卒業した平成2年3月からであり、こけしもこの時期から製作している。… 続きを読む

里見正博

〔人物〕 昭和23年11月4日、宮城県仙台市青葉区の里見正雄の長男に生まれる。昭和42年高等学校を卒業後父の正雄に師事して木地の技術を学んだ。昭和51年よりこけしの描彩も始めて、高橋胞吉型のこけしを製作するようになった。… 続きを読む