鈴木運吉

〔人物〕大正14年6月7日、鳴子町湯元の大工鈴木亀吉・よしのの長男として生まれる。当時鳴子の岡崎斉吉は、自身で木地工場を経営していたが、昭和11年頃軍需品等を挽く工場をさらに鈴木亀吉方に開設したので、運吉も小学校時代から… 続きを読む

阿部進矢

〔人物〕昭和12年1月2日、山形県西田川郡温海町温海温泉の木地業阿部常吉の長男に生まれる。中学生時代より父の常吉について木地の練習をはじめ、昭和35年ころからこけしの製作を少しながら行うようになった。しかし、2~3年で止… 続きを読む

小林定雄

〔人物〕 昭和8年1月30日、岩手県和賀郡湯田町の鉱員神成三五郎・サダの長男に生まれた。昭和23年3月新制中学校を卒業すると陸中川尻駅(現在の「ほっとゆだ駅」)前の川尻郵便局に勤務した。昭和31年小林辻右衛門長男光一の長… 続きを読む

佐藤英裕

〔人物〕 昭和26年2月16日、遠刈田新地の木地業佐藤文男・よし長男として遠刈田新地に生まれる。昭和41年遠刈田中学校卒業後、祖父丑蔵・父文男につき木地修業。自身のこけしや丑蔵の木地下を挽いた。昭和46年から50年の5年… 続きを読む

太田孝淳

〔人物〕昭和14年1月27日、僧侶太田騰雲の二男に生まれる。平成15年63歳のときこけし製作を志して木地の練習を開始したが、平成18年に篠木利夫に弟子入りして正式に修業を始めた。   太田孝淳 平成29年 撮影… 続きを読む

前田良二

〔人物〕  昭和56年9月3日、東京都利島村に生まれる。利島は伊豆諸島の一つで、富士箱根伊豆国立公園内に有り、椿の花が咲き誇る事で知られている。学卒後19才で上京しアルバイト等をしながら人生設計を練る。地元の椿材に関わっ… 続きを読む

小林誠太郎

〔人物〕 大正15年11月7日山形市六日町(通称新築西通り)木地業小林清蔵の長男として生まれる。小学生時代からロクロに上り木地を挽いていた。昭和13年頃より父の指導でこけしの描彩も始めた。昭和15年〈鴻・第三号〉で作者と… 続きを読む

佐藤善七

宮城県本吉郡横山村大徳寺門前(現在の登米市津山町横山)でこけしを作っていた工人。 〔人物〕 嘉永5年7月8日佐藤善十郎長男として横山に生まれる。鳴子の木地師より技術を学んだ伊藤仁蔵について木地を習得した。こけしも作り、横… 続きを読む