佐藤誠孝

〔人物〕昭和22年2月22日、佐藤誠、秀子の次男として会津若松で生まれた。長兄は光良でその下に姉がおり、三兄弟の末子である。 父佐藤誠は戦前福島県平市で大きな木工所を経営し、幅広い活動をしていたが、終戦の年に軍部と関係し… 続きを読む

阿部計英

〔人物〕 昭和12年2月8日、福島県土湯温泉木地業阿部広史の次男に生まれる。12歳ころよりロクロに上がり、こけしも作ったというが、正式に父広史について木地を修業したのは昭和30年からであり、商品としてこけしを売り出したの… 続きを読む

大沼甚四郎

〔人物〕   大沼甚四郎  〔作品〕   〔 24.8cm(明治30年代)(日本こけし館)〕 深沢コレクション 〔 25.7cm(昭和15年12月)(日本こけし館)〕 深沢コレクション 〔 … 続きを読む

手絡

手絡(てがら)は日本髪を結う際に、髷に巻きつけるなどして飾る布のことを言う。あるいは髷かけとも言う。髪型のお煙草盆(髷の間にかける)、桃割れ(髷の中に入れ込み下部を割って見せる)、唐人髷(髷の中に入れ込み上下を割ってみせ… 続きを読む

田中敦夫

〔人物〕 昭和13年3月6日、米沢市宇綱木の農業田中定男の五男に生まれる。昭和29年3月中学校を卒業後、米沢の機業仲買店で働き、また武田信吉の下で5ヶ月ほど働いた。小野川の岡崎直志の工場でもしばらく働いたというが詳細は分… 続きを読む

佐藤治平

〔人物〕 明治16年1月11日、遠刈田新地の佐藤菊治、よねの三男に生まる。佐藤重松、重吉は兄。明治28年尋常小学校を卒業し、13歳で青根の丹野工場の職人をしていた兄重松につき木地を修業した。明治29年、重松が新地に引き上… 続きを読む

大葉亀之進

〔人物〕  明治37 年1月20日、宮城県刈田郡七ヶ宿村稲子の林業大葉与一郎・やす長男として生まれる。大正7年・8年の2冬に宮城縣の後援・補助金により開かれた木地講習会で佐藤松之進より講習を受け修行した。講習会… 続きを読む

桜井良雄

〔人物〕昭和16年8月16日、宮城県刈田郡滑津の農業桜井源十郎の長男に生まれる。昭和35年頃より木地の練習を始めたが、正式に伝統こけしを作り始めたのは昭和45年に大葉亀之進の指導を受けてからである。 昭和48年に独立し、… 続きを読む