磯川盛雄

磯川盛雄(いそかわもりお:1937~)

系統:土湯系

師匠:本多洋

弟子:

〔人物〕   昭和12年7月7日、軍人磯川弥五郎・トラの次男として猪苗代町に生まれる。昭和28年に猪苗代町立猪苗代中学校卒業後、猪苗代役場に勤めた。昭和37年遠藤民子と結婚。本多洋は役場の先輩で良く面倒を見て貰った。
 元来木地製品に興味が有り、昭和59年頃から手製のロクロで盆や花器を独学で製作していた。平成3年に町内の同じ趣味を持つ同好と「猪苗代町木工ロクロ同好会」を結成した。この時に本多洋から指導を受ける機会があり、平成5年からは創作こけしの製作も行った。
平成9年3月、42年間つとめた役場を退職して、その年の9月に本多洋に正式に弟子入りして修業を続けた。平成12年4月には中ノ沢こけしの製作を許された。
石川功は兄弟子で、磯川は本多洋の二番弟子にあたる。芳蔵の弟子は沢山いるが、徒弟制度の中で住み込みの弟子として修業したのは、村田徳次と本多洋の二人だけであった。磯川はその本多洋のもとへ通って技術を習得した。初出の文献は〈伊勢こけし会だより・90号〉(平成13年6月発行)で、中根巖より報告された。

磯川盛雄 平成16年10月

磯川盛雄 平成16年10月

 〔作品〕  下掲写真の右の二本は平成13年作でこけし製作の極初期の作。本多洋の作風を継承している。平成18年頃より岩本善吉の型や岩本芳蔵の戦前の型などにも取り組むようになった。

〔写真右より 18.2cm(平成13年4月)、18.2cm(平成13年7月)、24.2cm(平成16年11月)、24.8cm、24.2cm(平成18年1月)、21.3cm、18.2cm(平成18年6月)(中根巌)〕
〔写真右より 18.2cm(平成13年4月)、18.2cm(平成13年7月)、24.2cm(平成16年11月)、24.8cm、24.2cm(平成18年1月)、21.3cm、18.2cm(平成18年6月)(中根巌)〕

系統〕 土湯系中ノ沢亜系

〔参考〕

[`evernote` not found]