伊藤長一

伊藤長一(いとうちょういち:1916~1980)

系統:鳴子系

師匠:伊藤松三郎

弟子:

〔人物〕 大正5年2月28日、山形県最上郡舟形村長沢の農業伊藤石之助長男に生まれる。祖父長七は長沢の出身で鳴子木地師より技術を受け立木の小物類を挽いたという。師匠名は不明。長一家に伝わる木地の「覚」(伊藤長作文書)には、明治19年8月の日付けとこけし大一番六寸、中二番四寸、小三番二寸五分の絵が描かれており、古鳴子追求の資料となる。

「覚」に描かれた大中小のこけし

「覚」に描かれた大中小のこけし

この「覚」より長七の師匠はこけし作者であり、鳴子の小物挽きに属する木地師と思われる。長七は作者かどうか不明、大正10年ごろ没す。長一は農業のほか、酪農、鮎漁、炭焼き、山菜取りを兼業。山村を有効に使用する目的で、昭和14年秋、同村伊藤肇宅にロクロ5台を設置し、鳴子から伊藤松三郎を招いて木地を修業した。このときの弟子は長一、伊藤肇、三浦光美、石川源三郎の4名である。昭和15年7月入隊、南支を経て昭和18年9月に除隊、以後ふたたび松三郎の指導を受けつつ昭和21年春に独立した。昭和37年吉田健次によって発見され、〈こけしガイド〉、〈こけし手帖・56〉に紹介された。小国川の漁業協同組合の理事等も務め、そうした公務の傍ら閑期にこけしを作っていた。昭和55年10月21日没、行年65歳。

伊藤長一 昭和47年

伊藤長一 昭和47年

〔作品〕 初期のものはポスターカラーを使用した情味の乏しいもので、多くは酒田市渡辺玩具店より売られた。〈こけし手帖・8〉より名前のみは知られたが、作品は一般的でなかった。吉田健次による紹介以後、作品もかなり多く目につくようになり、染料も改善された。描彩は松三郎の型に従っているが、胴模様など一部に庄司永吉の影響もあるかもしれない。おっとりとした表情でひなびた装いのこけしだった。公務の合間に作る程度であり製作数は必ずしも多くない。昭和47年「覚」の描画をもとに復元を試みたことがあった。面白いものが出来たが一般には売りだされなかった。

〔19.5cm(昭和47年)(橋本正明)〕

〔19.5cm(昭和47年)(橋本正明)〕
choic1
〔右より 11.5cm、7.8cm(昭和47年11月)(橋本正明)〕 「覚」のこけし復元

〔伝統〕 鳴子系金太郎系列。

 

[`evernote` not found]