伊東東雄

伊東東雄(いとうはるお:1937~)

系統:蔵王高湯系

師匠:高橋武男

弟子:

〔人物〕  昭和12年4月1日、鳴子の伊東英雄・みさおの子として生まれる。小学校、中学校の先輩で親しかった高橋力雄が鳴子の高亀で働いていたのが縁で、昭和29年1月1日、18歳で鳴子高亀の高橋武男に弟子入りし、木地の修業を行った。こけしも製作した。
昭和32年に小田原の木地師の誘いもあって鳴子から離れ、以後小田原に定着して継続して漆器用の木地を挽き続けた。平成23年ころ高齢のため引退した。

伊東東雄 鳴子時代

〔作品〕 作風は鳴子の型と異なり、蔵王高湯の型である。鳴子のものと違うものを作ってみようと工夫したという。また師匠にこれをやってみろと言われたからだとも言う。岡崎栄治郎 札幌時代の作り付けを模したものと思われる。この栄治郎式のこけしは一時的ではあったが高亀より5~60本蒐集家の手に渡った。小田原でも数本作ったことがあるようであるが、製作数は限定的である。鳴子型のこけしも数本作ったことがあるという。

〔18.5cm(昭和31年」)(橋本正明)〕
〔18.5cm(昭和31年)(橋本正明)〕

系統〕 木地の系統は鳴子。こけしは蔵王高湯系の写し。

〔参考〕

[`evernote` not found]