高橋詣治

宮城県遠刈田で修業した木地職人。所謂こけし作者ではない。

明治37年12月19日、高橋勇助・はるの二男として、宮城県柴田郡大河原町字福田に生まれた。明治42年6歳のとき白石町に移り、白石第一小学校を卒業後、大正7年15歳のとき遠刈田温泉の北岡仙吉工場へ徒弟として入った。前年設立された遠刈田木地細工木工養成所北岡工場の木工教師をしていた佐藤広喜より木地の指導を受けた。大正11年19歳で弟子上がりして一人前の職人になった。この間こけしの木地は挽いたが描彩はしなかったという。大正12年暮れから2年間、宮城県鳴子温泉の高亀 (高橋武蔵)の職人となり、主に遠刈田で挽いていた木地玩具を作った。当時、北岡商店と高亀とは取引関係があり、その縁で高亀の職人に入ったという。鳴子で働いたため詣治は鳴子系工人であると誤認されることがしばしばあるが遠刈田で修業した木地職人である。
その後、各地を転々とし昭和5、6年ころより福島県平の佐藤誠の職人となった。昭和20年に誠のエ場が爆撃で全焼するまで働いた。その後、平で家具の木取りを業としていたが、昭和39年ころ、病を得休業した。その後の消息は不明である。
遠刈田の木地玩具を鳴子に移入した工人として重要である。

[`evernote` not found]