小川文男

小川文男(おがわふみお:1950~)

系統:遠刈田系

師匠:佐藤哲郎/佐藤雅弘

弟子:

〔人物〕 昭和25年5月5日、宮城県亘理郡亘理の農業小川隆の二男に生まれる。昭和48年より木地の修業を始めた。最初は仙台の佐藤雅弘に師事して木地の技術を学び、さらに遠刈田の佐藤哲郎の指導を受けた。その後、故郷に近い岩沼に戻り独立、昭和53年12月よりこけしの製作を始めた。師匠の佐藤雅弘は家族がいないので晩年は一人で暮らしていたが、小川文男は亡くなるまでその面倒を見ていた。

〔作品〕

 

〔24.6cm(昭和55年10月)(橋本正明)〕
〔24.6cm(昭和55年10月)(橋本正明)〕

 

 

 

系統

〔参考〕

[`evernote` not found]