柿沢是隆

柿沢是隆(かきざわこれたか:1940~2016)

系統:鳴子系

師匠:高橋盛雄

弟子:柿沢眞理子/柿沢是伸

〔人物〕 昭和15年11月10日、宮城県川渡の鮮魚業柿沢竹雄の三男に生まれる。中学校卒業後鳴子高勘の高橋盛雄について木地を修業、昭和36年より山形県鶴岡市で村木せつのこけしの木地を挽いた。昭和39年より46年まで遊佐福寿の工房で職人を勤め、その後独立開業した。 平出友次長女眞理子と結婚、昭和49年に長男是伸が生まれた。
こけしは福寿の職人をしていた頃より作り始めていたが、本格的な製作は独立開業以降である。妻眞理子、長男是伸もこけしを製作する。
近年体調を崩して静養に努め、やや回復してしばらくこけしの製作を行ったが、平成28年6月22日没した。行年77歳。

〔作品〕  高勘の型、すなわち勘治型、盛一家の型を作る。また勘治の姉けさのの型も作る。
日本こけし館西田記念館の大名物高橋勘治の復元を始め、勘治作と同定されている古こけし、また盛一家と呼ばれる古こけし群を研究製作している。
原となるものを凝視する力は鋭く、形態を超えて本質に迫ろうという製作の姿勢があって、多くの成功作がある。今日では、勘治や盛一家の作風は自らの体質となった感があり、原型から離れた製作であっても、確実に高勘の伝統を強く感じさせる作風になっている。
黄胴の勘治型も、白胴に鮮やかな楓や菊の舞う盛一家の型においても、是隆のこけしは新しい時代の高勘の流れを作ったと言ってよいだろう。

〔右より 27.0cm(平成12年)、23.0cm(平成16年)(橋本正明)〕
〔右より 27.0cm(平成12年)、23.0cm(平成16年)(橋本正明)〕

高勘の伝統的なこけしの他に、各種の新考案の木地人形「おてんば」「ずんぐり」「まげ」「夏休み」等の製作も行っている。

系統〕 鳴子系利右衛門系列


鳴子こけし工人 柿沢是隆さん (ことりTVより)

[`evernote` not found]