鎌田孝志

鎌田孝志(かまたたかし:1953~)

系統:弥治郎系

師匠:鎌田文市/孝市/うめ子

弟子:鎌田美奈枝

〔人物〕 昭和28年9月6日、宮城県白石市のこけし工人鎌田孝市、うめ子の長男に生まれる。鎌田悦子は姉にあたる。昭和49年暮より祖父の鎌田文市、父の孝市について木地の修業を始めた。描彩については母うめ子の指導も受けた。昭和51年ころより孝志名義でこけしを出すようになった。増子十一の三女美奈枝と結婚したが、美奈枝も平成3年ころよりこけしを製作するようになった。
東北本線白石駅を降りて右手にすこし進んだ場所(堂場前)にある工房で一家でこけしを製作している。

鎌田孝志 平成27年9月
鎌田孝志 平成27年9月 鳴子の全国こけし祭りトークショー


令和元年5月 東京こけし友の会談話会有志の孝志宅訪問

〔作品〕戦後の鎌田文市、孝市の型を忠実に継承することからこけし製作を開始した。

〔30.3cm(平成10年)(高井佐寿)〕
〔30.3cm(平成10年)(高井佐寿)〕

その後、弥治郎の各種こけしなども研究し、古作の再現などにも取り組んだ。下ノ原の渡辺幸治郎の型などを再現したこともある。
下掲は、飯坂の佐藤喜一の型を試作したもの。


〔19.3cm(平成20年)(橋本正明)〕 喜一型

やがて、鎌田文市の正末昭初の作に正面から向き合って製作を行うようになり、見ごたえのある作品を継続的に生み出すようになった。


〔19.6cm(平成29年)(伊勢こけし会)〕

下掲は、昭和初期の文市の型を継承したもの、大振りの頭に半円形のベレー飾りが雄大に描かれ、明眸な翳りのない表情を持つ魅力ある仕上がりとなっている。白石鎌田一家のこけしの「いかにもおもちゃらしい健康さ」をしっかり継承している。


〔 23.6cm(令和元年)(橋本正明)〕

系統〕 弥治郎系栄治系列

〔参考〕

 

宮城県白石市堂場前27
[`evernote` not found]