工藤忠二

工藤忠二(くどうちゅうじ:1922~2011)

系統:鳴子系

師匠:岡崎斉吉

弟子:

〔人物〕大正11年6月19日、工藤多吉の次男に生まれる。昭和12年16歳の時、鳴子の岡崎斉吉の工場に入って木地を学んだ。当時この工場には本間留五郎や後藤希三がおり、また兄弟子として鎌田次男、佐藤清、大場正男などがいた。斉吉が応召になると、工藤忠二と佐藤初三郎という若手だけが残ったので、伊藤松三郎や岡崎斉が後見として時々来て面倒を見てくれた。
この頃こけしはほとんど作らず、軍需品の電燈の台や信管筒などが主な製品だった。戦前は、昭和15年頃伊藤松三郎のところに来た蒐集家に頼まれて、一本こけしを作ったことがあったくらいだという。
戦後はしばらく木地から離れたが、やがて新型が隆盛になり、昭和30年代には職人7~10人くらいで工場で木地を挽いた。伝統こけしは昭和37年頃から再び盛んになったので、その頃から忠二も描彩にも取り組むようになった。昭和47年春頃から上鳴子に工房を整えてこけし製作に取り組むようになった。
平成23年1月13日没、行年90歳。 

〔作品〕戦前のこけしは確認されていない。戦後の岡崎斉吉工場は、需要にあわせた生産で、様式の厳密な継承に力を注いでいたわけではないので、職人は鳴子の一般的な共通型を効率的に作っていた。
戦後本格的に活動を始めた忠二のこけしは、基本的に鳴子共通型であったが甘さに流れず、一定の品格を維持した作品であった。


〔21.0cm(平成6年)(ひやね)〕

 〔伝統〕鳴子系共通型

〔参考〕

  • 工藤忠二:師匠・岡崎斉吉さんのこと〈こけし手帖・261〉(昭和57年12月)
[`evernote` not found]