小林昭三

小林昭三(こばやししょうぞう:1942~)

系統:肘折系

師匠:小林善作

弟子:

〔人物〕 昭和17年3月1日、岩手県和賀郡湯田町湯田の木地業小林善作の三男に生まれる。学生時代より、父善作のこけし製作を見て、こけしの描彩を始め、また木地も学んだ。早稲田大学を卒業後、昭和42年より新聞社に勤務した。最初の2年は一ノ関支所勤務、その後仙台、昭和47年より盛岡勤務となった。盛岡転勤に伴い、岩手県岩手郡滝沢村(現在 滝沢市)に住むようになった。
一ノ関、仙台時代は、帰郷する折に、蒐集家に頼まれてこけしの製作を行ったが、この時期の作品数は少ない。昭和42、3年の25歳~27歳のものが少し残っている。滝沢時代も仕事の合間に少しづつ作り続けたようである。
平成15年に新聞社を退職し、小岩井農場のそばに作業小屋を借りて、本格的にこけしを作るようになった。カメイ美術館刊の〈伝統こけし 最新工人録〉にも工人として掲載されたが、平成22年頃にこけしの製作を休止した。

湯田 小林善作の家の前 昭和42年 中央が小林昭三、右が小林善作
湯田 小林善作の家の前 昭和42年
中央が小林昭三、右が小林善作

描彩昭三
描彩の準備をする昭三 昭和42年7月16日

〔作品〕 昭和40年頃よりこけしを作ったといわれているが、現存するものでは昭和42年正月に作ったものが古いものであろう。下掲は「25才」と記入のある4本であるが、まだ重ね菊の花弁も筆が伸びず、描彩もぎこちない。しかし、この時期のものは初期の素朴な味わいがあり、ほのぼのとした情感を感じさせる。

〔右より 14.5cm、19.0cm(昭和42年1月3日)、24.7cm(昭和42年6月)、15.8cm(昭和42年7月16日)(橋本正明)〕  25歳の署名あり
〔右より 14.5cm、19.0cm(昭和42年1月3日)、24.7cm(昭和42年6月)、15.8cm(昭和42年7月16日)(橋本正明)〕
25歳の署名あり

徐々に、父善作の作風を学んだ様子がうかがえる。左端の「27才」の署名があるものは、善作の一つの型を継承したもの。善作自体は丑蔵の表情に倣ったものと思われるが、それが泣きべそをかいたようなユニークな顔立ちとなった。昭三はその面描を写している。

〔右より 19.1cm(昭和43年3月)26歳の署名、24.3cm(昭和43年8月)27歳の署名(橋本正明)〕
〔右より 19.1cm(昭和43年3月)26歳の署名、24.3cm(昭和43年8月)27歳の署名(橋本正明)〕

下掲の2本は、滝沢時代の作、新聞社勤務の合間に製作したもの。

〔右より 30.3cm(昭和56年)、26.7cm(昭和63年)(高井佐寿)〕
〔右より 30.3cm(昭和56年)、26.7cm(昭和63年)(高井佐寿)〕

系統〕 肘折系文六系列
〔参考〕