佐々木嘉蔵

佐々木嘉蔵(ささきよしぞう:1926~1983)

系統:土湯系

師匠:佐藤佐志馬

弟子:

〔人物〕大正15年7月8日、福島県信夫郡佐倉村佐原字入左原の農業佐々木一重・チヨノの二男に生まれた。昭和16年3月佐竹尋常高等小学校を卒業した。昭和33年8月に東北電力㈱へ入社、福島市泉字堀の内16に住んだ。妻ミドリとの聞に和弘、和久、悦司の三子が生まれた。昭和38年1月より同40年1月まで佐藤佐志馬につき木地を修業、兄弟弟子に佐藤俊昭、佐藤久弥がいた。昭和40年1月に独立し、電力会社に勤務しながら、こけしを製作した。
昭和58年10月18日没、行年58歳。

佐々木嘉蔵

〔作品〕昭和40年の初作は師佐志馬の忠実な伝承を守って描法、色調、目鼻等そっくりのものであった。ただ佐志馬ほど筆致は緻密でなく表情大らかであった。ロクロ線は赤が主調で紫と黒が入っている。下掲はほぼその初作に近い作である。 


〔 24.2cm(昭和40年頃)(ひやね)〕

昭和43年以降の作は、黒ロクロ線を用いる佐志馬式の胴模様から、赤、青、紫の細線、太線を組み合わせた自己の型に到達した。眼点やや大きく鼻小さく、あどけない表情になった。鹿間時夫は「派手ではあるが嫌味少なく、とぼけた味がよい。」と評した。下掲はその頃の作である。


〔 24.8cm(昭和45年頃)(高井佐寿)〕

昭和50年以降はやや胴が太くなり、ずんぐりとした形態になった。50代で亡くなったのは惜しまれる。

〔伝統〕土湯系。加藤屋の様式を一応継承している。

[`evernote` not found]