北山真由美

北山真由美(きたやままゆみ:1978~)

系統:津軽系

師匠:北山盛治

弟子:

〔人物〕 昭和53年1月8日、青森県黒石市浅瀬石の北山盛治の長女に生まれる。裕美は次妹。平成15年より木地の修業を始め、平成16年4月からこけしの製作を始めた。
平成20年ころまでは盛んに作り、注文にも誠実に応えていた。その後勤めの関係もあり、また他県に移った事もあって次第に寡作となり、ほとんど作れない時期が続いた。結局父盛治とも相談して、平成29年4月よりこけし製作を廃業する事にしたようである。

 
北山盛治、真由美父子 平成17年11月 撮影:中根巌     

〔作品〕 山谷の型を継承。下掲写真の山谷多兵衛型の他に、山谷藤吉、山谷権三郎(山谷きよ)、山谷多兵衛等の復元作等を作る。 


〔 18.0cm(平成17年)(高井佐寿)〕 山谷多兵衛型

下掲写真中央の笠幸兵衛は木村弦三コレクション(朱魚房)にある斎藤幸兵衛の復元、津軽の作者が競作して復元したことがあり中根巌によって〈伊勢こけし会だより・130〉(平成21年6月)に紹介された。


〔 右より 18.4㎝(平成17年9月)名古屋こけし会頒布山谷多兵衛型、24.5cm、24.0cm(平成17年10月)山谷藤吉型、24.3cm(平成17年12月)笠幸兵衛型、20.0cm(平成18年1月)山谷多兵衛型、20.0cm(平成18年2月)山谷きよ型、24.2cm(平成18年3月)北山盛治型(中根巌)〕

〔伝統〕 津軽系温湯亜系

〔参考〕