佐藤辰雄

佐藤辰雄(さとうたつお:1928~2009)

系統:弥治郎系

師匠:佐藤今三郎

弟子:佐藤慶明/佐藤慶春/佐藤英雄

〔人物〕昭和3年10月7日農業佐藤昇、キクの長男として宮城県福岡村弥治郎に生まれる。佐藤慶明、慶春は弟にあたる。父昇は八宮の農業志村要右衛門の子で、弥治郎の佐藤今三郎の娘キクと結婚して養子となった。
辰雄は小学校卒業後製炭や農業に従事したが、その合間に今三郎について木地を学び、戦後昭和25年頃からこけしの製作も始めた。翌26年から弟の慶明に、昭和31年からは弟の慶春に木地を教えた。
大の酒好きでも知られた。
昭和56年に弥治郎の佐藤英雄に木地の技術を伝えた。
平成21年4月18日没、行年82歳。


佐藤辰雄 昭和36年 撮影:露木 昶

〔作品〕 今三郎の型を継承。今三郎の古品を復元したこけしもある。また幸太型の復元も行った。
小さいころから木地の家で育ったので技術的には安定していて、破綻はない。昭和30年代はじめの初期の作はやや新型風であり、目鼻を顔の下部に描いて、より童顔の俤があった。甘いこけしもあったが、今三郎の復元などを通して、形態、描彩ともに堅実なこけしになった。

〔右より 24.5cm(昭和38年4月)、18.0cm(昭和46年12月)(橋本正明)〕
〔右より 24.5cm(昭和38年4月)、18.0cm(昭和46年12月)(橋本正明)〕

〔右より 24.2cm(昭和40年頃)、17.8cm(昭和42年1月)(橋本正明)〕
〔右より 24.2cm(昭和40年頃)、17.8cm(昭和42年1月)(橋本正明)〕

系統〕弥治郎系幸太系列 今三郎の型は辰雄から佐藤慶明や佐藤英雄に継承され、その弟子の高田稔雄、吉野稔弘に伝わっている。

〔参考〕

[`evernote` not found]