桜井尚道

桜井尚道(さくらいなおみち:1988~)

系統:鳴子系

師匠:桜井昭寛

弟子:

〔人物〕 昭和63年7月7日、宮城県大崎市鳴子温泉のこけし工人桜井昭寛の長男に生まれる。桜井昭二は祖父。高専卒業後、東京で建築関係の仕事に従事。平成26年鳴子に戻る。平成27年4月頃より、父の昭寛について木地の練習を始めた。鳴子温泉地域の振興にもしっかりした使命感を持っていて、平成28年にオープンしたこけしショップ「こけし堂」には、観光客も地域の人も集まれる新しい形のコミュニティスペースも併設した。このころから小寸を中心にこけしの製作も行うようになった。
父昭寛と同様に、古品の研究にも熱心で、古品の作風に学んだこけし製作に取り組みつつある。
初出の文献は〈伝統こけし最新工人録・第三版〉。

左:桜井昭寛 右:桜井尚道 平成30年6月

〔作品〕

下掲二本は、ほぼ初作で足踏みロクロによる。


〔11.9cm、12.5cm(平成29年8月)(橋本正明)〕

〔伝統〕鳴子系岩太郎系列

〔参考〕

[`evernote` not found]