佐藤憲雄

佐藤憲雄(さとうのりお:1948~1995)

系統:遠刈田系

師匠:佐藤照雄

弟子:佐藤すみえ

〔人物〕 昭和23年6月6日、遠刈田新地佐藤照雄の長男として生まれる。昭和38年3月遠刈田中学校卒業後、照雄につき木地修業、昭和39年よりこけしを作り始めた。妻女すみえとの間に1男2女をもうけた。昭和の末に「遠刈田若手工人の会」及び「美轆会」の設立に尽力したが、平成7年8月22日病のため没した、行年47歳。好人物で面倒見がよく、当時の遠刈田系若手工人のリーダーであった。

佐藤憲雄 昭和58年1月

〔作品〕 憲雄が普段作っているものは静助型の一筆目であるが、父照雄の初期作を写した物も少数作られている。平成2年、戦後に照雄が作った遠刈田一般型を復元したことがあるが、これは叔父守正の忠告により製作を止めている。静助型は昭和39年から病気で轆轤を降りた平成6年まで作り続けているため、多少の変遷がある。初期は稚拙でのびのびとした素直な作風、昭和45年以降は描彩が整い甘さが加わる。この時期の作例は〈伝統こけしガイド〉に掲載されている。昭和の末になると一筆目のアクセントが若干内側に寄るようになった。この傾向は亡くなるまで続いた。

norio-1
〔23.9cm(昭和40年)(庄子勝徳)〕


〔24.0cm(昭和63年)高井佐寿〕

   〔14.9cm(平成4年)(庄子)〕
〔14.9cm(平成4年)(庄子勝徳)〕

〔伝統〕遠刈田系周治郎系列。父照雄は分家であったが入婿となって本家を継いだ関係で、憲雄は周治郎の直系子孫といえる。

[`evernote` not found]