瀬谷幸治

瀬谷幸治(せやこうじ:1952~)

系統:土湯系

師匠:瀬谷重治

弟子:

〔人物〕 昭和27年3月19日福島県郡山の木地業瀬谷重治の長男に生まれる。父重治は松村一四郎より木地を学んだが、後に岩本芳蔵よりこけしの製作を学んだ。幸治は木地の修業を父重治について昭和47年6月より始めた。作品は翌48年頃から蒐集家の手に渡るようになった。野矢俊文は相弟子にあたる。

瀬谷幸治 平成29年6月 撮影:中根巌

   〔作品〕 下の写真は昭和48年4月の作でこけしを作り始めた頃のもの。小寸やえじこは岩本善吉の味を良く出している。


〔右より 9.0cm、12.1cm、えじこ3.3cm(昭和48年4月)(橋本正明)〕

岩本芳蔵の古型にも取り組んだ。


〔 30.3cm(昭和55年)(高井佐寿)〕

平成17年ころより体調を悪くしてこけし製作を中断していたが、平成24年頃少し製作したことがあった。下掲の3本は名古屋こけし会の〈木でこ・203〉で復活が報じられた時のもの。


〔右より 24.2cm、15.2cm、18.2cm(平成24年)(矢田正生)〕

〔伝統〕 土湯系中ノ沢亜系

〔参考〕

[`evernote` not found]