蔦文男(2)

蔦文男(2)(つたふみお(2):1944~)

系統:弥治郎系

師匠:蔦作蔵/蔦衛

弟子:

〔人物〕昭和19年11月9日、南置賜郡三澤村小野川温泉の木地業、蔦作蔵の長男に生まれる。昭和31年(小学6年生:作蔵存命中)より描彩を、同34年より木地挽きを義兄衛より習い始めた。

〔作品〕昭和34年より製作販売している。初期の木地は衛で、描彩は一側目の稚拙なものである。鳴子での商人修業を昭和37年に終え描彩を再開したが、同時期の衛を忠実に受け継いだものであった。

〔12.6cm(平成18年)(庄子勝徳)〕
〔12.6cm(平成18年)(庄子勝徳)〕

〔伝統〕 弥治郎系栄治系列

[`evernote` not found]