福田良助

福田良助(ふくだりょうすけ:1899~)

系統:鳴子系

師匠:大沼熊治郎

弟子:

〔人物〕 明治32年ころの生まれ(推定)。大正2年15歳ころ横手の浅利製材工場で働いていた大沼熊治郎(鳴子出身・昭和4年没)につき木地を修業。熊治郎は横木専門であったため、玩具やこけしを作らなかった。その後、熊治郎は良助をつれて鳴子へ帰る。熊治郎は上鳴子の営林局の椀工場に入ったため、良助を職人として高亀へ入れた。良助は高亀でしばらく働いた後に、遊佐雄四郎や高野竹治郎のもとでも働く。〈こけしの追求〉によれば、この鳴子時代に4寸位のこけしを作ったという。また大正6年 (推定) 19歳のとき、鳴子から横手へ帰り、沼田町13番地で22歳まで、土地の人を相手に日用器具を作り、こけしも少し作ったという。木地に従事した期間は短く、大正9年(推定)22歳のときには横手を離れ、秋田機関区の機関士に転業した。戦後、昭和27年に秋田に良助を訪ねて描彩を依頼した人がいる。その後、この特異な工人もこけし界から消えてしまった。没年不明。

〔作品〕 昭和12年6月発行の〈木形子展望〉第1号で、伊藤忠作氏が「最近発見のこけし」として写真紹介しているのが初出文献である。つづいて、〈こけしと作者〉にも写真掲載されている。〈こけしの追求〉によると〈木形子展望〉と〈こけしと作者〉に掲載されているこけしは同一作品としてあるが、よく似てはいるが明らかに別な作品である。こけしは「見なり聞きなり」で作ったものであるという。中屋惣舜はその特徴を「目は一筆描き、胴模様は一本の紬い茎に横菊が三輪、かるみのある筆致で描かれ、枯淡な中に斬新さが同居している。また目頭に赤くぽっちりと目張りをつけている。良助の創作か、あるいはそのころのだれかのこけしの伝承か、興味ある問題点である。」と書いている〈こけし辞典〉。
福田良助のこけしは他にらっここれくしょんにも一本ある。この入手経路は「昭和12年伊藤氏より」とあるから、〈木形子展望〉に紹介した伊藤忠作氏より頒けられたものであろう。確かに、拡大してみると目がしら(特に向かって右目)に赤い点のようなものが見える。

〔15.5cm(昭和12年)(らっここれくしょん)〕

〔15.5cm(昭和12年)(らっここれくしょん)〕

なお、名和好子蔵品中にも同趣の描彩を施した福田良助の作品があり、〈美しきこけし―名和こけしコレクション図譜〉の366に紹介されている。このこけしがどういう経緯で入手されたものかは不明であるが、胴背には「秋田市楢山明田 昭和27年3月1日 福田良助」の書き入れがあるという。これには胴の上下にロクロ線が入っている。木地は別人で、描彩のみ良助が行ったものであろう。この作品には目がしらの赤い点はない。

〔伝統〕鳴子系直蔵系列。熊治郎は木地の師匠である。こけしは高亀か、あるいは雄四郎より習得したものと思われる。

[`evernote` not found]