村上玉次郎

村上玉次郎(むらかみたまじろう:1926~)

系統:遠刈田系

師匠:佐藤護

弟子:

〔人物〕大正15年11月21日、岩手県気仙郡盛町の木地業村上蔵吉、とも江の次男に生まれる。母とも江は遠刈田の佐藤寅治の娘で、佐藤護の姉にあたる。父蔵吉は遠刈田の佐藤善八について木地を学んだ人、及位や肘折でも木地を挽いた。大正15年から盛町(大船渡)で木地業を営んでいたが、昭和3年3月、玉次郎が3歳のとき脳溢血のため34歳で亡くなった。そのため玉次郎は、母と共に遠刈田へ帰った。
高等小学校卒業後、佐藤守正と共に上京し、昭和18年3月東京工学院大学専修科卒業した。昭和19年予科練に入隊した。
戦後、遠刈田へ戻り、母の弟護について木地修業したが、約1年で中断して上京した。昭和21年4月より25年3月まで大林組東京支店に勤務、昭和25年4月から9月まで大和運輸㈱取締役をつとめた。昭和25年9月に遠刈田へ帰り、昭和30年4月まで遠刈田の叔父佐藤護について木地修業、この時の兄弟弟子には護の長男佐藤栄一、次男寛次がいた。30年後半は遠刈田の駐在所前にて挽いていた。この年の11月に和子と結婚し、翌昭和31年3月に仙台市穀町に転居して独立した。昭和35年に仙台市二軒茶屋に移ったが、このころ佐藤寛次が来て職人として働いた。昭和44年仙台市原町苦竹字町に移った。仙台で最初は新型を主に挽き、昭和35年以降旧型を本格的に作るようになった。鹿間時夫は会ったときの印象を「積極的社交的で如才なく、木地職人というより商人の風格がある。」と書いていた。

〔作品〕昭和36年ころ丑蔵息子三男(光保)にすすめられ、丑蔵の文六型を写したこけしを作った。下掲はその一本であるが、その作例は多くはない。


〔23.7cm(昭和36年ころ)(ひやね〕〕

こけしは概ね佐藤護の様式に従っている。胴の菊模様は寛次と似て余白が目立つ描き方である。寛次のこけしが護からの伝承性が強いのに比し、玉次郎は仙台にいた朝倉英次等の影響も受けていたかもしれない。


〔 30.3cm(昭和54年)(高井佐寿)〕

〔伝統〕遠刈田系周治郎系列。佐藤護の系統

 

〔参考〕

[`evernote` not found]