渡邊和夫

渡邊和夫(わたなべかずお:1940~2005)

系統:土湯系

師匠:佐久間芳雄

弟子:野地忠男/太田精二/岩附義正

〔人物〕昭和15年6月21日、福島県土湯温泉町上ノ町の木工業渡邊量作の長男に生まれる。祖母のハナは佐久間浅之助の三女で、明治21年生まれ、米吉と虎吉はそれぞれハナの兄と弟に当たる。
長く山仕事に従事していたが、昭和46年より福島の佐久間芳雄(由吉の孫)について木地を学んだ。こけし製作当初は芳雄の作る由吉風のものを作っていたが、昭和51年夏橋本正明が持参した由吉(昭和10年復活初作)を復元し、昭和52年には〈ふくしまのこけし〉取材のため土湯を訪れた橋元四郎平が持参した浅之助を復元した。以後浅之助型や由吉型を中心に湊屋兄弟の型を作るようになった。
湊屋の伝統を継承する工人として、やがて二代目浅之助を名乗り、野地忠男、太田精二、岩附義正などを弟子として育成した。
平成17年12月4日不慮の事故により没した、行年66歳。

渡邉和夫 昭和52年

渡邉和夫 昭和52年

〔作品〕下掲左端の和夫作は、昭和51年夏に右端の初期由吉の現物を元に復元したもの。これを製作するときには90歳になる祖母ハナ(由吉妹)も横にいて、「ハハァ、でかい口だなあ。米六俵も入る口だ。」と囃しながら言う。家人が気を使って「年寄りで何も分からないものですから・・。」というと、すかさずハナ婆さんは「人間は八十、九十は花盛り、鶴は千年、亀は万年」と切り替えした。さすがに佐久間兄弟の最後の生き残りだけあって見事であった。
現物による型の写しは、品格ある整った作品になった。


〔右より 佐久間由吉 27.0cm(昭和10年頃)(橋本正明)、渡邊和夫 27.2cm(昭和51年夏)(橋本正明)〕

下掲は橋元四郎平が持参した右端の浅之助をもとに復元したもの。〈ふくしまのこけし〉で紹介された。


〔右より 佐久間浅之助 21.2cm(明治中期))、渡邊和夫 21.0cm(昭和52年9月)(橋本正明)〕

その後、佐久間兄弟の粂松、七郎の型等も研究して製作したが、それぞれが見ごたえのある作品となった・

〔右より 21.0cm(昭和52年9月)浅之助型、13.8cm(昭和53年)、18.5cm(昭和57年)粂松型、20.6cm(昭和57年)七郎型〕
〔右より 21.0cm(昭和52年9月)浅之助型、13.8cm(昭和53年)、18.5cm(昭和57年)粂松型、20.6cm(昭和57年)七郎型(橋本正明)〕

〔17.7cm(昭和59年7月)(橋本正明)〕
〔17.7cm(昭和59年7月)(橋本正明)〕

系統〕土湯系湊屋系列

〔参考〕

[`evernote` not found]