佐藤常治

佐藤常治(さとうつねじ:1832~1883)

系統:弥治郎系

師匠:佐藤永助

弟子:佐藤常吉/佐藤久三郎/毛利栄治

江戸末期から明治始めにかけて活躍した刈田郡八宮(現・弥治郎)の木地屋。天保3年の生まれ。父の佐藤永助より木地を習ったと思われる。父永助は文久元年7月9日になくなり、常治が家督を継いだ。
飯坂に移った佐藤栄治の師匠として知られる。
佐藤常治の名前は、小倉家所蔵の文久2年山神講掛図裏面に書かれた十名(高梨左蔵、渡辺夘吉、佐藤佐吉、新山栄蔵、新山栄吉、佐藤熊治、小倉嘉蔵、毛利忠治、佐藤庄吉、佐藤常治)の一人として表れる。
弥治郎のこけしは、佐藤東吉(東蔵の長男)と佐藤常治が三住の木地師佐藤與四郎のこけしを見てはじめたという聞き書を菅野新一が得ている〈山村に生きる人々〉。常治は弥治郎こけし創生にもかかわった重要な工人である。
毛利忠治は毛利八蔵の四男、八蔵の長女はるに養子に入ったのが丈助で、この夫婦の四男が毛利栄治、後の飯坂の佐藤栄治であった。
「佐藤常治はデロレンという祭文語りでもあった。青根で湯治に来た伊達公の前で木地を挽いてお目にかけたこともあった。〈こけし手帖・17〉」という佐藤慶治からの聞き書きもある。また蔦作蔵は「とても敬神家であり、なかなかの利口者であって、村の相談事など常治さんの家に集まって話したそうだ。」と語っていた。
明治10年8月21日から11月30日まで東京の上野公園で第一回内国勧業博覧会が開催され、延べ45万人の入場者を集めたが、この内国勧業博覧会に佐藤常治のこけしが陳列されている。「佐藤常治 躑躅材木偶 尺五寸五分 1銭5厘」が出品されたという記録が残っている。寸法は、尺すなわち丈が5寸5分と言う意味か、あるいは1尺5寸5分であったか不明。ただ、同時に出品した直径1寸5分の独楽が3銭だったようであるから、1銭5厘は5寸5分であったかもしれない。
佐藤常治は春から初冬にかけて青根に出稼ぎに行っていたようであるが、明治16年11月4日(旧暦10月5日)に青根で急死した、知らせを聞いた家族は驚き、急いで駆けつけて戸板で遺骸を運んで帰ったという〈仙台周辺のこけし〉。一説には急病で倒れ、戸板で運んで帰ったが間もなく死んだという(佐藤慶治談〈こけし手帖・17〉)。
弟子の毛利栄治は、常治亡き後その長男常吉からも教えを受けたと言われている。
常吉は木地を継いだが、常吉の長女たかの婿となった久三郎は木地を挽かなかったようだ。
そのため飯坂に移った毛利栄治(佐藤栄治)以外に、佐藤常治家のこけしを継承した者はいない。

[`evernote` not found]