高橋順子

高橋順子(たかはしじゅんこ:1955~)

系統:土湯系

師匠:高橋通

弟子:

〔人物〕 昭和31年2月18日、福島県会津若松団体職員小林陽一の長女に生まれる。こけし工人高橋通と結婚。平成14年秋より木地、描彩に取り組み、平成15年秋からは描彩に専念するようになった。
平成16年9月の「東京こけし友の会」で初頒布、初出の文献は〈こけし手帖・526〉である。平成23年の東日本大震災とそれに続く福島第一原発の事故のため、一時避難生活を余儀なくされ苦労した。避難指定解除後は福島県南相馬市原町区大木戸に戻っている。

 

〔作品〕 素直な癖のない筆法で、鯖湖の艶のある表情をよく表現している。

〔21.2cm、21.1cm(平成17年6月)、24.2cm(平成18年5月)、16.6cm(平成19年1月)(松本文豊)〕
〔右より 21.2cm、21.1cm(平成17年6月)、24.2cm(平成18年5月)、16.6cm(平成19年1月)(松本文豊)〕
〈木でこ・186〉より

系統〕土湯系鯖湖亜系

[`evernote` not found]