東谷与一

東谷与一(あずまやよいち:1932~2004)

系統:木地山系

師匠:阿部市五郎

弟子:

〔人物〕
昭和7年10月15日、秋田県平鹿郡山内村上淵(現・横手市山内)生れ。
平成11年より湯沢市皆瀬の阿部市五郎の指導を受け、平成13年より本格的に製作開始。
平成15年から横手市山内の道の駅・ウッディランド地内の「農香庵」などで「山内こけし」として販売していたが、平成16年2月20日に病死した。
長男は教職に就いており、後継者はいない。

〔作品〕
作品は師匠である阿部市五郎のこけしに良く似た木地山系川連一般型である。

東谷与一

〔20.5cm(平成13年2月26日・初作)、21.5cm(平成13年5月)(沼倉孝彦蔵)〕

〈東北のこけし〉に平成15年作が掲載されている。

沼倉蔵は初作に近いためか筆致にたどたどしさがあるが、高井蔵の平成15年作ではやや手慣れたように見える。
可憐なこけしで製作年数が短かったことが惜しまれる。

〔伝統〕
木地山系川連一般型。

[`evernote` not found]