朝倉きぬ

朝倉きぬ(あさくらきぬ:1918~2018)

系統:遠刈田系

師匠:朝倉英次

弟子:

〔人物〕大正7年4月5日、長野県西筑摩郡山口村の朝倉栄四郎の長女に生まれる。父栄四郎は遠刈田の佐藤周吾の妻イシの弟にあたり、この時山口村の採石事務所で働いていた。
昭和18年7月遠刈田の佐藤静助の弟英次を婿とした。英次との間に、秀之、光洋、公明等の息子がいる。昭和22年英次とともに仙台に移り、当時需要の多かった新型こけしの描彩をはじめた。昭和41年頃より第2次こけしブームで伝統こけしに注目が集まるようになり、また英次も病を得て描彩が困難となったこともあって、佐藤照雄等の木地に英次の型の描彩をきぬが行うようになった。
この時期に長男秀之、三男公明も一時期こけしを作った。
昭和48年7月11日に夫英次が亡くなった後は、英次の弟子小笠原義雄等の木地に描彩を行った。
平成30年3月23日没、数え年101歳。


前列 左より 朝倉英次・なつ・きぬ 後列 公明・光洋・秀之・理恵子

〔作品〕 昭和41年の作り始めのころ朝倉英次の正末昭初の作を写したことがある。作例は〈こけし辞典〉に掲載されている。下掲のこけしもほぼ同時期の作で、一側目の正末昭初の英次を復元したもの、雰囲気を良く再現できた佳作であった。小寸作り付けにも見るべきものがあった。


〔 20.6cm(昭和41年)(国府田恵一)〕

下掲の尺は80歳の描彩であるが、筆の運びはしっかりしていた。


〔30.3cm(平成9年)(高井佐寿)〕

〔伝統〕遠刈田系周治郎系列

 

〔参考〕

[`evernote` not found]