阿部仙太郎

阿部仙太郎(あべせんたろう:1855~1944)

系統:土湯系

師匠:阿部国松

弟子:

〔人物〕安政2年12月6日、土湯の扇屋阿部與五平、カツの長男に生まれる。扇屋は代々與五平であり、母カツは與五平の二女、夫は今泉家から養子に入って與五平を継いだ。
仙太郎は明治17年ごろより同25年ごろまで阿部国松について木地を修業したとされる。阿部国松は、蔦屋の阿部四郎兵衛の長男であり、四郎兵衛は弘化2年、明治5年の君ヶ畑氏子狩帳、嘉永2年、安政4年の蛭谷の氏子狩帳に応じた木地師である。
仙太郎は家業の扇屋旅館を継いで経営し、このほうは二男清七がついだが、その子武の代にいたり昭和29年の大火もあって旅館業を廃業した。仙太郎四男の六郎の長男一雄が土湯物産館を経営し、各種こけしを販売していた。
仙太郎は昭和17年に阿部治助木地に昔を思い出してこけしの顔を描いた。
昭和19年5月30日没、行年91歳。


阿部仙太郎 撮影:水谷泰永  

〔作品〕昭和17年に治助の木地に描彩したものが数本残っている。昔を思い出して描いたと言われているが、若い頃に実際どの程度作ったのかは定かでない。残された仙太郎描彩のこけしを見ても、手は定まっていないので、仮に若い頃ある程度作っていたとしても、その面影をしのぶことは難しい。鹿間旧蔵は前髪が無く、石井旧蔵には前髪を描いている。
現存の仙太郎描彩こけしは数本であろう。


〔23.3cm(昭和17年)(鹿間時夫旧蔵)〕


〔26.0cm(昭和17年)(石井眞之助旧蔵)〕

 

〔伝統〕土湯系