佐藤英裕

佐藤英裕(さとうえいひろ:1951~)

系統:肘折系

師匠:佐藤丑蔵/佐藤文男

弟子:なし

〔人物〕 昭和26年2月16日、遠刈田新地の木地業佐藤文男・よし長男として遠刈田新地に生まれる。昭和41年遠刈田中学校卒業後、祖父丑蔵・父文男につき木地修業。自身のこけしや丑蔵の木地下を挽いた。昭和46年から50年の5年間東京で別の仕事をしていた時期もあったが、結婚を期に新地へ帰郷し再び木地業に就いている。

佐藤英裕 平成26年5月24日
佐藤英裕 平成26年5月24日

〔作品〕 昭和41年6月の初作は〈こけし美と系譜〉図版60にて紹介された。稚拙ではあるがのびのびとしたものであった。その後は筆が慣れてきたためにグロ味は次第に納まった。昭和50年再開時のものは〈伝統こけしポケットガイド〉(昭和52年版)掲載されており、丑蔵が小寸に描く「ポツ目」をこの時期より描いている。昭和50年代半ばより目の上瞼と下瞼を離して描くようになり目が以前よりも大きい印象のものになったこと、8寸以上の胴裏に描く模様をあやめから梅にそれぞれ変化した。平成に入ってからは胴の菊模様を晩年の文男のように崩して描くようになり、さらに平成15年以降は面相以外の手書きの箇所が細くなりつつある。

〔15.8cm、16.2cm(昭和43年2月)(橋本正明)〕 17歳の作
〔15.8cm、16.2cm(昭和43年2月)(橋本正明)〕 17歳の作

〔31.8cm(平成16年8月)(庄子勝徳)〕
〔31.8cm(平成16年8月)(庄子勝徳)〕

〔伝統〕 肘折系文六系列。

[`evernote` not found]