タグ別アーカイブ: 沼倉孝彦

小椋石蔵

〔人物〕 明治16年10月15日、秋田県雄勝郡川向皆瀬木地山の小椋徳右衛門、マサの 五男に生まる。父徳右衛門、兄久四郎(四男)について木地を習得、こけしも製作した。明治39年、日露戦争が終わって除隊帰郷後、泥湯に分家した… 続きを読む

小野寺正徳

〔人物〕   昭和23年6月13日、小野寺徳一(父)の長男として秋田県川連町大館に生まれる。 湯沢北分校卒業後、2年間塗師をやり、その後1年間椀木地を習った。 立木物は父・徳一に習い、昭和40年よりこ… 続きを読む

沼倉孝彦

〔人物〕  昭和28年3月15日、旧秋田県雄勝郡雄勝町の父・沼倉孝造(神職)、毋・昭子長男として生まれる。 昭和46年秋田県立湯沢高等学校卒業後、東京都文京区東京都文京区で8年間会社勤務ののち帰郷、湯沢市内の印刷会社にて… 続きを読む

佐藤達雄

〔人物〕  昭和18年7月21日、秋田県湯沢市川連の佐藤四郎・キヤの次男として生まれる。父四郎は川連の佐藤利吉商店四男で、川連の伝統工芸である漆器業と木地業を経営し、盆、椀、花器、仏具等を販売していた〈大阪こけし教室会報… 続きを読む