村上蔵吉

村上蔵吉(むらかみくらきち:1895~1928)

系統:遠刈田系

師匠:佐藤善八

弟子:

明治28年、宮城県刈田郡円田村平沢の村上政五郎の次男として生まれた。明治40年13歳の時、遠刈田の佐藤善八に弟子入りし、5年間木地を習った。その後及位の佐藤文六の工場、肘折の最上木工所、湯田の小林木工所等を経て、大正15年頃岩手県気仙郡盛町(現在の大船渡市)駅前で独立開業した。しかし昭和3年3月11日、脳溢血のため急逝した。若干34歳の若さであった。弟子はいない。こけしは挽いたと言われるが、作品は発見されていない。妻とも江は遠刈田の佐藤寅治の娘で、師匠善八の姪(妹よいの子)に当たる。長男拓也は東京で石工となり、次男玉次郎は遠刈田の佐藤護に木地を習い、仙台で開業した。なお名前を倉吉とする文献があるが蔵吉が正しい。

[`evernote` not found]