佐藤栄一

佐藤栄一(さとうえいいち:1929~2003)

系統:遠刈田系

師匠:佐藤護

弟子:

〔人物〕 昭和 4年11月11日、遠刈田新地の木地業佐藤護長男として遠刈田新地に生まれる。昭和20年遠刈田国民学校を卒業、終戦とともに父護につき木地修行につき木地修行をし新型こけしの木地を挽く傍ら伝統こけしを作り始める。昭和30年頃より佐藤三男とともに木工所を経営したが失敗。昭和35年北海道登別の叔父大原正吉の所で職人をしていたが37年に転業、同47年より登別で木地業を再開した。正吉同様こけし以外ではエンジュ材の茶壺・茶筒などを作り土産店等に卸した。木地業は平成7年頃まで続けたが15年死去した。行年74歳。

〔作品〕 伝統こけしは昭和20年代より作っているが新型こけしが主体の為、本格的に始めたのは30年頃からである。護に木地を習っているが、こけしを見るかぎりは遠刈田一般型である。平成初期に昭和40年頃の正吉写しを僅かながら製作した。
11.8
〔11.8cm(昭和22年6月)(橘文策旧蔵)〕
〔右より 30.3cm(昭和56年)、30.3cm(昭和55年)(高井佐寿)〕
〔右より 30.3cm(昭和56年)、30.3cm(昭和55年)(高井佐寿)〕

〔伝統〕 遠刈田系周治郎系列。