佐藤巧

佐藤巧(さとうたくみ:1950~2012)

系統:遠刈田系

師匠:長尾昌儀

弟子:

〔人物〕昭和25年1月19日、宮城県柴田郡柴田の商業佐藤弘の次男に生まれる。最初に斎藤一について木地を学んだが、昭和50年より仙台の長尾昌儀の弟子となって3年間修業を続けた。
昭和53年に宮城郡松島町で独立開業し、こけし製作の傍ら民芸品店を経営した。
平成24年2月に亡くなった。行年63歳。
 

〔作品〕製作当初は遠刈田の一般型を製作していた。


〔30.3cm(昭和56年)(高井佐寿)〕

師匠の長尾昌儀は遠刈田の佐藤吉之助について木地技術を学んだ工人で吉之助型を継承していた。佐藤巧も師匠譲りの吉之助型に取り込むようになった。


〔24.0cm(昭和60年頃)(松田ひろむ)〕吉之助型

〔伝統〕遠刈田系吉郎平系列

 

〔参考〕

[`evernote` not found]