宮原泰治

宮原泰治(みやはらたいじ:1926~)

系統:木地山系

師匠:見取り

弟子:

〔人物〕昭和3年3月1日生まれ。秋田県湯沢市高松字下新田のこけし工人。
独学で木地挽きを身につけて、こけしを作るようになった。様式は木地山の小椋久太郎の型から始めた。昭和50年頃から製作を始めている。

 

〔作品〕

 


〔18.2cm(昭和55年頃)(ひやね)〕

 

〔伝統〕

 

〔参考〕

[`evernote` not found]