阿部賢作

〔人物〕詳細不詳。昭和20年代から30年代にかけて松田初見の弟子となり木地を挽いた。こけしも製作したが、おそらく製作期間は短く、残る作品は少ない。 

〔作品〕当時の松田初見の作風を忠実に写していた。


〔18.9cm(昭和30年代)(ひやね)〕 

〔伝統〕鳴子系幸八系列
熊谷正、菅原直義は兄弟弟子と思われる。

 

〔参考〕

[`evernote` not found]