大滝武寛

大滝武寛(おおたきたけひろ:1882~1937)

系統:独立系

師匠:

弟子:

〔人物〕山形県鶴岡市七日町の玩具作者で、明治15年の生まれ。鶴岡の物産問屋丸金商店の勧めにより、鳴子からこけしの木地を取り寄せて、それに描彩を施し、新作こけしとして販売した。収集家は「ぶかん」と呼称しているが、「たけひろ」が正しい読みであろう。〈こけし辞典〉では「武寛は号」としているが、丹野寅之助著の〈東北郷土玩具研究〉では「大瀧武寛氏(樂園と号す)」とあり、号は樂園、本名が武寛であろう。
昭和13年の前掲書〈東北郷土玩具研究〉や〈東北の玩具〉では「いづめこ」の作者としてその名前が紹介されていた。
橘文策の〈こけしと作者〉(昭和14年8月)では、写真に作品一本を載せ、「玩具製作者大瀧武寛が新作こけしと名付けるものを発表したことがあった。顔の描彩は鳴子に似て無難、胴に一枚の紅葉を散らし、下から水色で隈取った立田川模様といふ洒落たもの、配色簡素乍ら達筆でよく纏めてゐた。この木地は鳴子から来るのだと聞いた。」 と紹介した。
橘文策は昭和7年に鶴岡に訪れているが、〈こけしざんまい〉のその鶴岡紀行では大滝武寛にも丸金商店にも触れていないので、〈こけしと作者〉掲載の武寛のこけしは昭和7年以降にどこからか入手したものだったと思われる。武寛名義のこけしは、木地を鳴子の高亀から仕入れていたらしい。
大滝武寛の家は丸金商店に製品を納める郷土玩具製作工房であって、家族でその製作に携わっていたと思われる。大滝武寛自身は、昭和12年8月21日に行年56歳で没しているが、こけし作者として蒐集界に知られたのは没後であり、没後も家族で描彩を引き継いで、そのこけしは大滝武寛名義で収集家の手にわたっていた可能性がある。下段〔参考〕を参照。

〔作品〕鳴子型の木地の胴下方に水色のぼかし模様を描き、それに紅葉を配した胴模様が特徴。立田川の紅葉模様を加えるために、鳴子に特別に水色のぼかしを指定して発注したものと思われる。


〔12.2cm(昭和12年頃か)(一金会)〕


〔33.0cm(昭和12年頃)(高井佐寿)

〔伝統〕独立系。 木地は鳴子のもの。

〔参考〕下掲は、胴底に「鶴岡 大滝せつ子 昭和14、11、18」と記入がある。収集家による記入と思われるので昭和14年は製作年ではなく入手年かもしれない。せつ子と記入があるのは、武寛はすでに没後であるので、鶴岡で購入時に描彩者を確認したのであろう。せつ子は武寛の家族と思われる。武寛の生前中、また没後、鳴子から取り寄せた木地に女性を加えて大滝の家族が描彩を担当していたと思われる。 


大滝せつ子 〔11.9cm(昭和14年11月)(目黒一三)〕

大滝武寛が胴のロクロ模様を指定して鳴子の高亀に木地を注文していたことは、高亀にも一時期影響を与えていて、木地を挽いていたと思われる高橋直次は、下掲写真のように自分のこけしにも、この胴のぼかし様式を応用した。


高橋直次 〔12.0cm(昭和13年頃)(山本陽子)〕

 

[`evernote` not found]