新山民夫

新山民夫(にいやまたみお:1959~)

系統:弥治郎系

師匠:新山左京/新山左内

弟子:

〔人物〕 昭和34年5月26日、宮城県白石市福岡八宮弥治郎の新山左京の長男に生まれる。昭和52年より祖父の新山左内、父の左京について木地を学び、こけしを作り始めた。昭和56には江戸独楽の技術について広井道顕の指導を受けた。


新山民夫(平成26年5月4日)

〔作品〕 祖父新山左内からの伝承の型を作る。


〔24.0cm(平成7年)(高井佐寿)〕

〔12.2cm(平成19年)(庄子勝徳)〕
〔12.2cm(平成19年)(庄子勝徳)〕


〔25.2cm(平成26年3月)玉山型(庄子勝徳)〕

  〔系統〕 弥治郎系新山系列 新山久治郎ー新山左内ー新山左京ー新山民夫と継承

〔参考〕

 

宮城県白石市福岡八宮字弥治郎東41

[`evernote` not found]