菅原和平

菅原和平(すがわらかずひら:1945~)

系統:鳴子系

師匠:菅原春治/岡崎斉司

弟子:菅原くにみ/菅原昌秀

〔人物〕昭和20年9月13日、宮城県栗原郡一迫町小坂本の農業狩野良夫、いちのの五男に生まれた。昭和39年3月、宮城県古川商業高校卒業。昭和42年4月、鳴子町上鳴子の木地業菅原春治の長女くにみと結婚して、春治の養子となった。春治につき木地の修業を行ったが、菅原家の工場では新型こけしその他の木地製品を作るのが主体であったので、和平は岡崎斉司について伝統こけしの指導も受けた。昭和43年4月より伝統こけしを製作販売するようになった。

菅原和平 平成26年6月

菅原和平 平成26年6月

〔作品〕

〔12.3cm(昭和45年ころ)(橋本正明)〕
〔12.3cm(昭和45年ころ)(橋本正明)〕


〔 27.3cm(平成10年)(高井佐寿)〕

なお昭和43年2月に鹿間時夫の依頼を受けて鈴木庸吉型を復元したことがあった。

系統

〔参考〕

[`evernote` not found]