子野日幸助

子野日幸助(ねのひこうすけ:1918~1998)

系統:鳴子系

師匠:高橋盛

弟子:

〔人物〕大正7年1月27日、秋田県横手に生まる。元来、食料品業についていたが年齢に達し入隊した。兵役後、昭和17年10月より秋田の工芸指導所に入り、指導官であった高橋盛より木地を習得した。本荘の佐々木末治、皆川元一、象潟の佐々木久作は兄弟弟子である。翌18年3月より前記三名とともに本荘の由利木工製作所に移り、約5ヵ月間職人を勧めた役、横手へ帰り独立開業した。
昭和18年10月に応召となり、昭和21年2月に帰還した。
その後、横手駅前の羽後銀行向かいで木地業を再開、こけしも作り羽後銀行隣の下駄屋で売っていた。
昭和22年10月に転業し、木地業より離れた。その後、横手市神明町にて子野日ウエス手袋製造所を経営している。 戦後蒐集家の勧めにより、鳴子高勘の木地に描彩したものがある。
平成10年2月24日没、行年81歳。

子野日幸助 昭和42年3月

〔作品〕こけし製作期は、秋田時代、由利木工時代と第一期、第二期横手時代、さらに収集家の要請によって他人の木地に描彩した復活期がある。復活期以前の作はほとんど収集家の手に渡らず、近在の子供たちの消耗品として消えてしまったため、全くの稀品となっている。
復活作は昭和32年10月に蒐集家山田猷人の勧めで盛木地に描彩した10本、昭和42年3月と7月に橋本正明の依頼で福寿木地に2本ずつ計4本描彩したものが知られている。
 


〔21.0cm(昭和32年10月)(橋本正明)〕山田猷人の勧めによるもの


〔右より 18.3cm(昭和42年3月)、18.2cm(昭和42年7月)(橋本正明)〕

〔伝統〕鳴子系利右衛門系列

〔参考〕

[`evernote` not found]