佐藤稔

佐藤稔(さとうみのる:1917~1993)

系統:弥治郎系

師匠:佐藤勘内

弟子:

〔人物〕 大正6年5月3日、宮城県白石市鎌先温泉の木地業佐藤勘内、うめのの三男に生まれる。長兄は佐藤雅雄、次兄は佐藤次雄である。昭和4年ころから勘内についてロクロに上がっていたが、昭和6年尋常小学校卒業後に本格的に木地を挽き始め、こけしも作った。
しかし、昭和8年に転業して上京し、東京都世田谷区上馬3丁目に落ち着いて、個人タクシー業を営業した。以後こけしの製作は行なっていない。
平成5年3月8日没、行年77歳。

〔作品〕 〈鴻・8〉の記載には「三男稔は現在東京にきているが、その作品はきわめて少数世に出ている」とあるが、写真での紹介はなかった。文献初出のこけし写真は〈こけし辞典〉の3寸5分である。下掲写真は昭和7年ころの作で、勘内の面影をかすかに伝える。


〔12.0cm(昭和7年頃)(ひやね)〕

〔伝統〕弥治郎系栄治系列。父勘内の型を受け継いでいる。

 

[`evernote` not found]