小野喜義

小野喜義(おのきよし:1934~)

系統:土湯系

師匠:佐藤俊昭

弟子:

〔人物〕昭和9年7月10日に生まれた。土湯系の佐藤俊昭と親しく、昭和55年ごろ俊昭からの勧めで手解きを受け、俊昭の木地に描彩のみ施した。
長く冠婚葬祭業に就いていたが、毎月佐藤俊昭の元へ互助会会費を集金に行く傍ら、こけしを描いた。正式な徒弟関係を結んでの製作というわけではない。
また高湯温泉のこけし工人篠木利夫とも親しく習ったこともあった。現在は福島陶人会を主宰して陶芸を楽しむ生活を送っている。 

〔作品〕佐藤俊昭のアドバイスを受けながら、俊昭の木地に描彩を行った。


〔 26.4cm(昭和60年4月)(ひやね)〕

〔伝統〕土湯系

 

〔参考〕

[`evernote` not found]