小野寺鉄蔵

山形県最上郡金山町の人。大正7年山形県の木地講習会が金山で開催され、鉄蔵の家が会場になった。この講習会には佐藤三治、菅原富蔵も参加した。金山は及位の隣の町であり、おそらく三治、富蔵は及位から指導に参加したのであろう。鉄蔵自身が木地師かどうかは不明である。
昭和12年のこけし作者一覧番付(勧進元 東京こけし会 版元 こけしの家)で紹介されているが、版元 こけしの家の川口貫一郎がいかなる情報に基づいて鉄蔵を取り入れたのか判然としない。

こけし番付 昭和12年 小野寺鉄蔵

最上郡金山
[`evernote` not found]