高梨栄治

高梨栄治(たかなしえいじ:1900~)

系統:弥治郎系

師匠:高梨栄十郎

弟子:

〔人物]明治33年11月27日、宮城県弥治郎の木地業高梨栄十郎・むきのの長男として生まれた。栄十郎は明治35年むきのと離別し、後妻すてを迎えた。しかし、栄十郎およびその兄高梨栄五郎は大正5年に弥治郎で流行った赤痢に罹患し、ともに福岡村の仮隔離病舎で亡くなった。
高梨栄五郎、栄十郎兄弟の父の高梨栄三郎は弥治郎の新山栄吉の二男で、嘉永3年11月5日生まれ、妻女やのは新山久蔵長女で、高梨由松の夫婦養子となった。すなわち高梨栄三郎は新山栄五郎の叔父、妻女やのは新山久治の伯母にあたる。
栄三郎・やの夫婦ともに新山の出であり、栄三郎家では木地挽きは堪能であったと思われる。
高梨栄治の父栄十郎や叔父栄五郎が亡くなった大正5年には、高梨栄治は17歳(数え年)であり、木地はある程度挽けるようになっていたと思われる。

 

 

 

〔参考〕

  • 橋本正明:高梨家の崩壊〈木でこ・42号〉名古屋こけし会(昭和45年11月1日)
[`evernote` not found]