土湯災害史

土湯は往古幾度かの災害に見舞われている。土湯木地業あるいは土湯のこけしの歴史は、こうした災害によって大きな影響を受けてきた。
特に幕末戊辰の役による土湯村の焼失、昭和2年、昭和29年の大火は土湯に伝わった古い文化を失わせ、生活の基盤にも影響を与えた。
また明治23年、36年、43年の水害も、こけし工人の生活に大きな変化をもたらせた。
明治23年の水害では、斎藤太治郎の実家東屋は流失、一族は飯坂湯野に移った。太治郎は湯野で小学校教員を務め、明治34年に土湯に戻ってもとの東屋の地で木地業を始めた。しかし43年の水害で再び店を流失した。その体験に促されて大正2年に〈土湯洪水史〉を著した。
佐久間浅之助は明治23年の水害で大打撃を受け、その損失を取り戻すために木材業に手を出したが、買い付けてあった木材が明治36年の水害で流失し、再起不能となって一族は土湯を去ることになった。
このように、土湯における災害はこけし工人の家族史を記述する場合に、決して看過することはできない。

土湯の近世以降の主な災害史の年表を以下に示す。

延宝 8年 1680 8月から大雨、荒川大洪水
貞享元年 1684 荒川大洪水
元禄元年 1688 荒川大洪水
宝永7年 1710 荒川洪水
享保19年 1734 荒川氾濫
明和 3年 1766 6月 荒川洪水
天明 4年 1784 大凶作餓死者36名
天明 7年 1787 6月13日 土湯村で、鳥谷場山山崩れ、死者22名
文政7年 1824 8月14日 土湯村で、家屋流失10戸、埋没3戸松川大洪水
嘉永 3年 1850 土湯大火 興徳寺本堂焼失
天保 2年 1831 7月16~18日 土湯村で家屋浸水、8戸流失、3件崩壊、畑地2反
安政 3年 1856 8月24~25日 土湯村家屋流出5戸
文久 3年 1863 5月2日 荒川上流で堤防欠壊
慶応 4年 1868 戊辰の役 会津軍による全村を焼き打ち
明治23年 1890 8月 大水害
明治36年 1903 大水害 浅之助貯木を失う
明治43年 1910 8月 台風による洪水
大正 2年 1913 8月 台風による洪水
昭和 2年 1927 土湯村大火
昭和13年 1938 大洪水 土石流
昭和29年 1954 土湯村大火、102軒焼けて1名死亡
[`evernote` not found]