伊藤政治

伊藤政治(いとうまさはる:1859~1936)

系統:木地山系

師匠:不明

弟子:伊藤儀一郎/伊藤常治

〔人物〕 安政6年11月14日、秋田県雄勝郡皆瀬村に生まる。農業伊藤多郎兵衛の二男。明治21年30歳で川連村の井上栄治の長女キサと結婚。連れ子の儀一郎とキヱを養子とした。その後、兵太郎、ミヱ、リヨ、リヱ、常治、永太郎の三男三女が生まれた。家が小安温泉にあったので、農業の傍ら旅館も営んだ。木地の師匠は不明。子の兵太郎と常治に木地挽を教えた。
〈こけしと作者〉で紹介された作品は、作り付けで前掛をした川連型の作風であったから、政治の木地技術は川連で修得されたものだったであろう。昭和11年7月31日没、行年78歳。
 

〔作品〕作品はおそらく2本が蒐集界の手に渡っている。その2本は政治生存を知った石井眞之助が製作依頼して手に入れたもの。
〈こけし手帖・69〉の「思い出のこけし」にその経緯が書かれている。実子常治経由で2本の政治を手に入れ、1本は橘文策に譲ったとある。下掲が石井眞之助の手元に残った33.0cmの政治で、背面には「昭和11年6月22日、子安温泉12伊藤政治作78歳」と書かれてある。
このこけしが作られた約一ヵ月後に政治は他界しているので貴重な遺品となった。
橘文策に譲られた一本が〈こけしと作者〉で紹介された。橘は「タッチ蕪雑であるが、老練にして多彩、情味豊かな点で子に劣らなかった。」と書いた。
伊藤儀一郎が日本画家野口小蘋の粉本をもとに描いたこけしとはまるで異なり、川連風の前垂れ模様が描かれている。


〔33.0cm(昭和11年6月12日)(石井眞之助旧蔵)〕

〔伝統〕木地山系

〔参考〕

  • 石井眞之助:思い出のこけし〈こけし手帖・69〉(昭和41年12月)
[`evernote` not found]