新山慶治

新山慶治(にいやまけいじ:1936~)

系統:弥治郎系

師匠:新山福太郎

弟子:

〔人物〕昭和11年2月20日、宮城県刈田郡八宮村弥治郎の新井山福太郎・つたよの四男に生まれる。昭和26年に中学校を卒業後、父福太郎について木地を修業、昭和28年からは白石に出て新型の木地を挽いた。
昭和29年仙台のキリンビールに入社し、木地業から離れた。その後の詳細は不詳。

なお小野川の佐藤慶治は新山栄五郎の養子となって一時新山慶治となったが、その後長男慶美が新山姓を継ぐ事になったので佐藤性に戻った。福太郎四男のこの慶治とは別人である。

〔作品〕 こけしは昭和26年頃少数製作した。残る作品は多くはない。〈こけし辞典〉でも作品未確認と記述されていた。
当時の福太郎を継承した衒いの少ないおっとりとしたこけしだった。


〔19.3cm(昭和26年)(田村弘一)〕

〔伝統〕弥治郎系新山系列

 

[`evernote` not found]