本田裕輔

本田裕輔(ほんだゆうすけ:1959~)

系統:弥治郎系

師匠:本田亀寿/広井道顕

弟子:

〔人物〕 昭和34年1月10日、宮城県白石市小原の本田亀寿、久子の六男に生まれる。昭和48年15歳より仙台の広井通顕について約2年間木地の修業を行った。昭和50年からは父亀寿についてこけしの製作を学んだ。こけしはこの頃より発表している。
約10年ほどこけし製作を行ったが、その後転業した。
  

〔作品〕 癖のない素直な描彩で、戦前の本田亀寿の形態を継承した。


〔 右より 24.0cm(昭和56年5月)(田村弘一)、17.8cm(昭和50年3月)(河野武寛)、15.6cm(昭和55年11月)(田村弘一)、16.7cm(昭和51年8月)(北村育夫)〕
    


〔 23.8cm(昭和57年7月)(橋本正明)〕

〔伝統〕 弥治郎系栄治系列

 

[`evernote` not found]