本田功

本田功(ほんだいさお:1941~)

系統:津軽系, 鳴子系

師匠:高瀬善治/小松五平

弟子:

〔人物〕
昭和16年6月2日、北海道の国鉄職員本田由蔵の五男に生まれる。 母は十和田湖休屋の高瀬善治の妻スエの妹にあたるので、功と高瀬時男とは従兄弟同士になる。昭和31年16歳での高瀬善治に入門、善治の木地を挽いた。善治の没後、独立開業した。
また、秋田県大湯の奈良吉弥の紹介で小松五平の型を継承した〈伝統こけしハンドブック〉。
弘前市和徳でこけし製作していたが、その後移転し、平成24年頃には栃木県日光市の「こしろルネッサンス」というイベントに出展していたことが確認できる。
その後、津軽こけし館の手配でこけしを販売している。

本田功 ねぶたの館にて 昭和59年

〔作品〕
高瀬善治型、小松五平型の他、弘前の川越謙作の眠りこけし、達磨絵の本人型、創作こけしに近い本人型を作る。
こまや茶筒なども作り、木地技術に優れている。

本田功・小松五平型

小松五平型、左より〔21cm(平成24年作)(山藤)〕〔22cm(山藤)〕

本田功・高瀬善治型

〔24cm、高瀬善治型(山藤)〕

本田功・川越謙作型

〔19cm(川越謙作型、平成24年作)(山藤)〕

〔伝統〕
高瀬善治型は鳴子系外鳴子。小松五平型は鳴子系金太郎系列。川越謙作型と本人型は津軽系一般型。

〔参考〕
本田功〈こけしのなかのわたし〉
高円寺フェス持ち込みこけしご紹介 その壱〈ワゲモノの嵐!! ワゲモノのブログ〉

[`evernote` not found]