上ノ山

上ノ山温泉 中村屋 絵葉書

上ノ山温泉 中村屋 絵葉書

上山市は山形県南東部にある人口約3万3千人の市。羽州街道の宿場町として栄え、現在は温泉で知られる。城下町・宿場町・温泉街の3つを兼ね備えた都市は、全国的にも珍しいとされる。街道沿いの下町に、湯町、新湯、下湯、河崎、高松、葉山などの湯街が栄えた。
折口信夫の「山の湯雑記」には「蔵王山の行者が、峰の精進をすましての第一の下立ちが、此(最上)高湯だとすれば、麓の解禁場が上ノ山に当るわけである。其ほど繁昌して居て、亦年久しい湯治場だろうのに、未に新開地らしい所がある。青い芝山の間に、白い砂地があって、そこが材料置場になったりして居る。思いがけない町裏から三味線の音が聞えて来たりする。」と紹介されている。

明治17年上ノ山に生まれた荒井金七は、明治30年ころ蔵王高湯の岡崎久作の弟子となり、主に久作弟栄治郎から木地を学んだ。年季明け後、明治36年ころ上ノ山に戻り、木地を開業、こけしも製作した。明治29年上ノ山の茅葺職人の家に生まれた木村吉太郎は、明治45年17歳の時荒井金七の弟子となって木地挽きを学んだ。大正7年23歳独立して開業。金七、吉太郎は以後継続的に木地を挽きこけしを作り続けたので、大正期の比較的古い作品も残っている。金七は大正末の〈日本土俗玩具集・第二輯〉、吉太郎は昭和3年刊の〈こけし這子の話〉でそれぞれ既に作者として紹介されている。
現在は、吉太郎長男祐助、およびその長男吉一が上ノ山でこけし製作をつづけている。

上ノ山温泉 絵葉書

上ノ山温泉 絵葉書

上ノ山温泉 絵葉書

上ノ山温泉 絵葉書

山形県上山温泉

 

[`evernote` not found]