海老名一郎

海老名一郎(えびないちろう:1947~)

系統:鳴子系

師匠:土屋幸作

弟子:

〔人物〕昭和22年1月24日、山形県村山市楯岡の公務員海老名米次郎の長男に生まれた。平成3年55歳より楯岡の東沢公園内の工房でこけしを作っていた土谷幸作に師事して木地の技術を習得した。平成8年10月より自分のこけしを発表するようになった。
 

〔作品〕土谷幸作は師匠の大沼新兵衛の様式を継承していたので一郎もそれに従っている。
 


〔24.0cm(平成11年)(高井佐寿)〕

〔伝統〕鳴子系岩太郎系列

 

〔参考〕

[`evernote` not found]