船山嘉作

船山嘉作(ふなやまかさく:生年不明~)

系統:山形系

師匠:

弟子:

〔人物〕山形県米沢市花沢町代坂に住んでいた新型こけしの描彩者。
〈鴻・第2号〉によれば昭和15年に売られていたこけしは 「皮付の丸木にポスターカラーで描彩した木ぼこ類似品である」という。木地は当時、米沢市清水町にいた橋本力蔵の挽いたものである。なお嘉作の妻てるも新型こけしの描彩者である。生年月日、没年月日等は不明。
 
〔作品〕下掲が嘉作の典型的な様式の描彩であるが、特に胴模様などには米沢の山形系の作者(小林吉太郎の弟子等)の影響があったように感じられる。木地を挽いた橋本力蔵の影響は感じられない。米沢で作られた一般型であろう。


〔30.9cm(昭和15年頃)(高井佐寿)〕

〔伝統〕山形系一般型

 

〔参考〕

[`evernote` not found]